FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

BTOでノート型パソコン 次はSSD搭載の買いたいなぁ(*´ω`*) mouse/パソコン工房/ドスパラ

BTOパソコンで有名なマウスコンピューターがロゴを一新



併せてブランド名称も「mouse computer」から「mouse」に変更

イメージキャラクターの「Mr.マウス」に中村獅童さんを起用してTVCMも開始

某コンピュータ誌の広告では、かなり昔から宣伝されてて
国内BTOでは老舗。ってか今や大手と言えそうですね

新ロゴ/ブランド名発表で勢いに乗ってることだし
何か安くセールしてないかなぁ・・・とw


今度買うなら起動ドライブはSSDしたい
価格はソコソコ、出来ればお買い得ってくらいの条件で
気になったのをメモ。


クアッドコアCPU搭載、エントリーモデル (SSD)
モデル名:LB-B420EN-SSD32-BG


Windows 10 Home 64ビット
販売価格
34,800円 (税別)

基本構成

OS
Windows 10 Home 64ビット
CPU
インテル® Celeron® プロセッサー N3150
(4コア/1.60GHz/IBT時最大2.08GHz/2MBキャッシュ)
グラフィックス
インテル® HD グラフィックス
メモリ
2GB PC3-12800 (2GB×1)
SSD
32GB ADATA SP600 シリーズ SerialATA III
液晶パネル
14型 HDノングレア (1,366x768/ LEDバックライト)
無線
IEEE 802.11 b/g/n ・ Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
バッテリー
駆動時間 約8.1時間
保証期間
1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

-------------------
64GB ADATA SP600 シリーズ SerialATA III
39,800円 (税別)
--------------------(↓メモリ8GB)
8GB PC3-12800 (8GB×1)
120GB Serial ATA III

52,800円 (税別)
---------------------
240GB Serial ATAIII

56,800円 (税別)
--------------------
480GB Serial ATAIII

59,800円 (税別)
----------------------------------

CPUがCeleron N3150ってのがネックだけど
4コアなら特に問題無さそうな気も(´・ω・`)

SSD
実用で使うなら最低でも120GBは欲しいところ。
メモリ8GB+120GBで52800か、もう7k足して480GBか?悩ましい
480GBが他と比べると意外なほと安いね。

いっそ最小構成のメモリ2GB+SSD32GBの34800円にして
後から自分で交換するとか・・・
メモリ4GB2枚か8GB1枚で約6k~
SSD128GB~も10k前後
・・・あれ?あんま値段変わらないっぽい
そう考えると最初からメモリ8GB+SSD120~って選択も悪くはないかも。
最小構成のパーツ(2GBメモリ)が残っても使い道少ないしw


増設用ノート用メモリ
4GB一枚3k
8GB一枚5kくらいが今の相場みたい。


思ってた以上に今のメモリ価格が安かった件…
8GB2枚で1万円くらいならメモリ16GB積んでみても面白いかもねw




ちなみに
最新の第六世代core iモデル(SSD)だと

インテル® Core™ i3-6100U プロセッサー
メモリ4GB、SSD120GBで69,800円 (税別)
メモリ8GB、SSD480GBが79,800円 (税別)


インテル® Core™ i5-6200U プロセッサー
メモリ8GB、SSD240GBが89,800円 (税別)
メモリ8GB、SSD480GBが89,800円 (税別)

240と480GBが、まさかの同額w
どうやら今だけの決算セール価格みたいですね(・∀・;)
なので今買うなら480GBがお買い得

たしかにCPUはcore i3くらい欲しいとこだけど
もう千円もう1万円…と、予算が際限なく増えていくのが、ちと怖いw


基本構成で7~8万円だとちょっと高いかなぁ(ノω・、)
基本の他には特に足さなくても良さそうだし
当分何も弄らなくても安心できると考えれアリといえばアリだけど・・・


-------------------------------------

デスクトップだと
インテル(R) Core(TM) i5-6400 プロセッサー
(4コア/2.70GHz/TB時最大3.30GHz/6MBキャッシュ)
120GB SSD + 1TB HDD ( Western Digital Black2 / 6Gbps 対応 )
メモリ8GB1枚で¥74,800 (税別)

ノートパソコンに拘らなければ同額程度で
かなり快適スペックのデスクトップ買えちゃうんだよね(´・ω・`)

80電源とグラボを旧PCから付け替えて使えるし・・・・








もう一つの大手BTO「パソコン工房」
昔は東海地区にも実店舗があった(と思うw)んだけど
今は「GoodWill」での取り扱いになってますね。

元(親会社)が 株式会社ユニットコムで
店舗としては
パソコン工房、グッドウィル、バイモア、TWOTOP、FAITH、FreeT
が同系列ということみたい(・∀・;)手広く展開してますね

ちなみに、
うちが使ってた旧メイン機もユニットコム系列のBTOデスクトップでしたw


こっちで気になったのは・・・

Stl-15HP032-i3-DES-Limited [Windows 10 Home]
¥59,980 ~

基本構成
Stl-15HP032-i3-DES-Limited [Windows 10 Home] (OSプリインストール)
Windows 10 Home 64ビット
15.6型 HD(1366×768ドット)対応光沢カラー液晶
インテル(R) Core i3-6100U プロセッサー (2.3GHz/2コア/4スレッド/3MBキャッシュ/TDP15W)
インテル(R) Skylake PCH-LP(CPU統合チップセット)
DDR3L-1600 4GB/SO-DIMM×1(計4GB) 低電圧駆動メモリ採用・省電力
120GB 2.5インチ Serial-ATA SSD
8倍速DVDスーパーマルチドライブ
インテル(R) HD Graphics 520(CPU統合グラフィックス)
IEEE802.11 b/g/n対応ワイヤレスLAN [本体内蔵]

第六世代core i3にSSD128GBと
基本は抑えて59980は、現時点で最安レベル

追加構成で

CPU
インテル(R) Core i5-6200U プロセッサー
(2.3-2.8GHz/2コア/4スレッド/3MBキャッシュ/TDP15W) [ +13,980円 (税別) ]

メモリ
DDR3L-1600 4GB/SO-DIMM×2(デュアルチャンネル/計8GB) [ +5,980円 (税別) ]

SSD
240GB 2.5インチ Serial-ATA SSD [ +5,980円 (税別)


第六世代(Skylake)の売りのヒトツでもある
M.2 SSDが選べないのが残念なような勿体ないような?
従来のSSDよりも早いけど発熱も大きいみたいだから
ノートパソコンには向かない?のかもしれないけれど・・・

と思ったら
ベースがHDD500GB モデル(価格はSSD120モデルと同額)なら
M.2 SSDも選択できるようです(SSD+HDD500GBのツインドライブ)
256GB Plextor M6e M.2[PCI Exp.2.0×2] SSD シーケンシャル(MB/s)[読:770/書:580]・ランダム(IOPS 4K)[読:105000/書:100000] [ +34,980円 (税別) ]

だけどSSD+HDDとはいえ高くなり過ぎるw

まだ時期尚早かねぇ?(´・ω・`)


Transcend SSD M.2 256GB 6Gb/s

M.2はケースのない剝き出しのタイプ。サイズ(長さ)も複数種あり
後からノートPCに取り付けようと思ったら相当メンドクサイことになりそうな…
マザーの取り付け位置まで簡単にはアクセスできないんだろうなぁ(・∀・;)








BTOならドスパラも有名ですねぇ(*´▽`*)

mouseとパソコン工房を見た後(現時点)では
正直少し見劣りしてたんだけどw

唯一気になったのが

Critea DX10   クリテア DX10
59,980 円(+税)

基本構成
OS:Windows 10 Home 64bit のインストール
CPU:インテル Core i3-6100U (デュアルコア/HT対応/定格2.30GHz/L3キャッシュ3MB)
グラフィック:15.6インチ光沢液晶(1366×768) / インテル HDグラフィックス520(CPU内蔵)
メモリ:4GB DDR3L SO-DIMM (PC3-12800/4GBx1)
ハードディスク:500GB HDD
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ (DVD±Rx8/±R DLx4/-RAMx5/CD-Rx24/DVDx8)
マザーボード:モバイル インテル 100シリーズ チップセット搭載マザーボード


第六世代のi3ノートで 59,980 円(+税)
他社が同価格でSSD120GBにし始めてるのにHDDだから
がっかり・・・・と思ったら

BTOで構成を変更すると
他社と比べてM.2 SSDへの追加費用が安いのです。

120GB SSD (M.2接続 2280)【+7,980円(+税) 】
.250GB SSD (M.2接続 2280)【+13,980円(+税) 】

M.2 SSD+HDDのツインドライブも意外と安く可能。
結果的に高速SSDが欲しいならコッチを選ぶのもありかも?(゚Д゚;)


あと
Microsoft(R) Office Personal 2013 (Word/Excel/Outlook)(プレインストール版)
通常 19,000円(+税)のところ→【+14,000円(+税) 】

オフィス2013も少し安く買えるっぽい






まぁ、一口にBTOといっても
構成パーツは当然ある程度の範囲内で組みあがってるので
どの店で買っても大差は無いように思ってましたが
実際、売れ筋の機種では各店で特色を出してますね(*´▽`*)

価格は(仕入れ原価から考えても)どうしても似かよってくるけど
メモリやHDD、SSDの容量増やしたり、最新のパーツが安く組めたりw
色々考えてあるなぁ・・・

ちょっと前までなら
BTOでも基本構成から追加パーツに変えると
結構割高な料金体系だったように感じてたんですが
最近は、割と良心的な価格になってたりも…?
※セール期間だけかもw

まぁ今でも自分で増設したほうが安いのは確かだけど
付け替える手間(検証と掛かる時間)、保証、付け替えたパーツの利用法
諸々考えると基本構成のまま買うか
構成を変えて多少割高でも保証付きで買うか
購入時にパーツも付けて買って自分で取り付けるか
Amazon等で安いパーツを見繕って徐々に強化していくのも楽しそうだしw)
・・・少し迷うところ。





APPLE MacBook Air (1.6GHz Dual Core i5/13.3インチ/4GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MJVE2J/A

BTOでアレコレ足していくのも楽しいけど
10万近くなるとMacBook Airにも手が届いちゃうんだよね・・・



         < 今から初めてiOS触るおっさんでは
   / ̄ ̄\    MBAは使いこなせないと思うけどな
 /   ⌒ ⌒\  宝の持ち腐れってヤツ?プッw
 |    ( ●)(●)               ____
. |   ⌒(__人__)            :/      \:
  |     |r┬-|           :/─::::::::─:::..  \:
.  |     `ー'´}  \      :/ <●>:::::<●>:::..  \:
.  ヽ        }     \     :|   (__人__)       |:
   ヽ     ノ       \  :\   ` ⌒´     _/:
   /    く. \      \  ノ           \
   |     \  \    (⌒二              |
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |


Windowsおじさんには、Mac選択は値段以前の問題だったか・・・



関連記事
web拍手 by FC2

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

ロリポップ! カラーミーショップ ヘテムル お名前.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。